適応障害を早期改善する|ココロサポートケア法

座る女性

精神的なトラブル

カウンセリング

元の性格が関係しています

比較的新しいタイプの精神トラブルとして近頃浮上してきているのが、適応障害です。適応障害は、外的要因に対して本人が適応が出来ないことから様々な精神的症状が現れてきます。場合によっては体にも何らかの異変が起こってくることもあり、幅広い視点で診断を要する障害です。適応障害の原因は、主に外から受けるストレスにあると言われています。ですが実の所、発症の大きな引き金となるのは個人の元々の性格です。ストレスや問題を本人が上手に処理出来なくなることによって、適応障害へと至ってしまうケースが多いと考えられます。適応障害になりやすい性格の一つとして挙げられるのが、完璧主義です。こういった性質を持つ方は、概して物事の優先順位をつけるのが苦手な傾向があります。自分を完璧に見せようとすることから、他人からの評価が常に気になるのが特徴です。そのためたまたま悪い評価を受けたりすると、大きなストレスを抱え込むことになります。他人からの評価によって自分の価値が変わると思い込んでしまうことが、ストレスの元凶です。罹患者にこのような傾向があることから、最近の心療内科や精神科では適応障害に精神的な療法を実施しています。思い込みや執着に捕らわれない精神状態に導くことが、こういった精神療法の目的です。適応障害の方の場合には、自分の認識を変えることで少なからず症状が緩和します。ストレスを生み出していた原因が取り除かれることによって、病状が回復することが多いです。ですので、軽症のうちであれば治療効果が比較的出やすくなります。

認識の転換が必要です

適応障害の増加は、現代人の性格の問題に目を向けさせる一つのきっかけとなっています。実際、様々な傾向を持つ方が現在は存在している状況です。完璧主義はもちろんのこと、理想主義や内向きの性格などが特に問題視される性格として挙げられます。このような性格を持つ方の場合には、物事を柔軟に捉えることが非常に困難です。従って、ともすると一人で悩みや不安を抱え込んでしまう事態になります。そうなると適応障害にも移行しやすくなるのが常です。適応障害の増加を食い止めるためには、早い段階で認識を変えることが必要です。心療内科や精神科で行われている精神療法は、認識を変えるためにはかなり有効な方法となります。認識が変わると感じるストレスが軽減することが多く、適応障害もスムーズに改善が可能です。診療科ではこのような認識の変え方を精神療法を通じて具体的に教えていきます。療法を受けることでガラリと考えが変わる方がいるのが最近の状況です。今後はこの手の思考や認識の転換が、適応障害の治療においては必要なアプローチ法になっていくと考えられます。適応障害を治療する診療科は、昨今オフィス街にも増加中です。通勤の際に立ち寄ることが出来る、アクセスの便利な場所に診察室があることが多く、気軽に受診しやすいのが一つの魅力となっています。ストレスへの向き合い方についてもアドバイスが得られることから、幅広い年齢の方に人気です。適応障害は女性にも増えており、今後は女性目線の診療科が増えると見込まれます。